ニュース

2022年12月6日【ダマー国際映画祭2023】 

 

ダマー国際映画祭2023の日程と会場が決定しました!
緑豊かな日比谷公園で、映画を観て映画人たちとの交流をお楽しみ下さい。
 
【日程】 
5月13日(土)・14日(日)
 
【会場】
日比谷コンベンションホール(千代田区立日比谷図書文化館B1)
 
ダマー国際映画祭実行委員会

2022年6月6日【ダマー国際映画祭2023】 


来年春の開催に向けて、作品募集をスタートしました!


ダマー国際映画祭実行委員会

2022年4月25日【ダマー国際映画祭2022のご報告と御礼】

 

     U30グランプリ 『Mila』Cinzia Angelini監督

     U15グランプリ 『New Year’s Eve』Zeyingtai Steven Lyu監督

     観客賞     『8月2日の約束』望月亜実監督

     TAKUMI賞    撮影監督 髙間賢治様

     アニメーション賞  『Mila』Cinzia Angelini監督

皆様おめでとうございます!! また来年もよろしくお願いいたします。

 

ダマー国際映画祭実行委員会一同   

2022年3月19日【新しい審査員のご紹介!】

 

ジョー・エスターハス(Joe Eszterhas)

 

ハンガリー生まれの脚本家。『フラッシュダンス』(1983)、『氷の微笑』(1992)が大ヒットし、世界的に注目を集めた。後にハリウッドの商業主義から離れ、故郷ハンガリーで『君の涙 ハンガリーに流れ』(2006)を制作した。  

 

ダマー国際映画祭実行委員会一同    

2021年11月12日【ダマー国際映画祭2022 開催情報】

 

お待たせしました。ダマー国際映画祭2022の開催情報をお知らせします!

開催日 : 2022年4月23日(日)、24日(土)

会場 : 日比谷図書文化館  地下1階 大ホール

 

ダマー国際映画祭実行委員会一同    

2021年10月3日

 

ダマー国際映画祭2021は、大盛況のうちに終了いたしました。ご参加くださった皆さまに心より感謝しつつ、今回の受賞結果をご報告いたします。

     U30グランプリ ”Lunch in the Bathroom” 浜崎正育子監督

     U15グランプリ ”Faleminderit” ニコラス・ノイホルト

     観客賞     ”Little Wishes” 小澤雅人監督

受賞された皆さま、おめでとうございます!! 

 

ダマー国際映画祭実行委員会一同    

 

2021年8月5日

 

ダマー国際映画祭2021が近づく中、既に2022年の作品応募も始まっております。今回も続々と作品が集まる中、素晴らしい才能が埋もれてしまわないよう、アニメーション部門とヤング・クリエイター部門を新設することにいたしました。

アニメーション賞 賞金50,000円 (税込)

ヤング・クリエイター賞 賞金30,000円 (税込)

※ヤング・クリエイター賞は、高校生以下を対象とします。

(これら特別賞は、ダマー国際映画祭委員にて選出されますが、同時にコンペ部門の対象ともなります。)

 

ダマー国際映画祭実行委員会一同

2021年6月23日【2021年ダマー国際映画祭 開催のお知らせ】

皆さま、大変お待たせいたしました。延期しておりました映画祭ですが、緊急事態宣言解除に伴い、秋の開催を決定いたしました。

日時 : 2021年10月2−3日

会場 : 日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)

引き続きコロナ対策に努めながら安全な開催の準備を進めてまいりますので、ぜひ素晴らしい映画を観て芸術の秋をお楽しみください。

 

ダマー国際映画祭実行委員会一同

2021年4月23日

【ダマー国際映画祭2021 延期のお知らせ】

これまで長期に亘り映画祭の準備を進めて参りましたが、ご存知の様にコロナの影響で緊急事態宣言の発令が正式決定いたしました。この件に関して会場と協議の末、残念ながら5月7・8日の映画祭開催は断念せざるを得ないとの結論に達しました。

しかしながら、楽しみにしてくださっていた皆様のためにも中止は考えておらず、日を改めて安全に開催したいと願っております。具体的な日程は未定ですが、コロナの状況を見つつ再計画いたしますので、今暫くお待ちください。

また、チケットをご購入いただいた方には、全額を払い戻しするよう手続きを進めており、改めて個別にご連絡差し上げます。

それでは宜しくお願い申し上げます。

ダマー国際映画祭実行委員会一同

2021年4月17日

【新型コロナウイルス感染防止対策に関する取り組み】

ダマー国際映画祭では、新型コロナウイルス感染防止策に万全を期し、ご参加くださる皆様の安全を確保するために下記の対策を講じます。

・三密回避(各イベント・スペースの席数を50%とする。MCと客席の距離を3m以上離す。休憩時間の換気。扉や窓の開放など。)

・検温、手指消毒、マスク着用の徹底。

・その他、会場である南大塚ホールの新型コロナウイルス感染防止対策に準じる。

【ご来場の皆様へのお願い】

・ご入場の際に、十分な距離を取っていただくためお時間がかかることが予想されます。お早めにご来場ください。

・キャップ付きのお飲み物は持ち込み可能ですが、会場・ロビーでのお食事は禁止されております。

・会話は、なるべくロビーを出て屋外テラスで。

皆さまのご理解、ご協力をお願い申し上げます。

ダマー国際映画祭実行委員会一同

2021年2月25日

【ダマー国際映画祭2021 開催情報】

開催日 : 2021年5月7日(金)、8日(土)

会場 : 南大塚ホール

ダマー国際映画祭では、前回の2倍を超える応募作品を対象に、オンラインでの第一次審査を行いました。いよいよ国際審査員による最終審査と、本番に向けてのプログラミング作業に取り掛かります。

心に響く数々の映画と、熱いフィルムメーカーたちとの出会いにご期待ください!

※これまで新型コロナウイルスの状況を考慮しつつ2021年5月開催の準備を進めて参りましたが、この度、細心の注意を払いながらのリアル開催は可能であると判断いたしました。もちろん今後の状況次第で変更の可能性は残っておりますし、会場側の判断にも従わなければなりません。三密回避や手指消毒の徹底をはじめ、あらゆる安全策を講じながら、今後も準備を進めて参ります。

ダマー国際映画祭実行委員会一同

2019年6月1日

この度の新型コロナウイルス感染により、世界中で多くの方々が亡くなり、ご遺族の皆さまに謹んでお悔やみ申し上げます。また、闘病中の方々の速やかな回復をお祈りさせていただくと共に、命がけで治療に当たっておられる医療関係者の皆様に、 心からの感謝と敬意を表します。

映画業界におきましては、映画館の休館、映画制作や映画祭の延期もしくは中止など、長く厳しい状況が続いております。 ダマー国際映画祭スタッフ一同、新型   コロナ禍の速やかな収束を願い、映画文化を担っておられる皆さまの尊い活動が、新型コロナ問題収束後も継続的になされていくことを心よりお祈り申し上げます。

ダマー国際映画祭実行委員会一同

2019年7月9日

2019 年 5 月、ダマー国際映画祭は東京での開催を終え、次回の開催について実行委員会で話し合って参りました。これまで多くの方から「次回を楽しみにしています」との温かいメッセージを頂き一同大変ありがたく思っております。この度、実行委員及び審査員の意向を確認し、2021 年の開催を決定いたしました。じっくり時間をかけて準備し、拡大バージョンを開く所存です。

次回の開催までは、プレ・イベントなどの企画を考案中です。同時に海外との繋がりを更に深め、皆さまの活動の場が広がる一助となれるよう進めて参ります。

今後とも、皆さまの更なるご支援とご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

ダマー国際映画祭実行委員会一同

2019年5月11日

ダマー国際映画祭 2019 は今年 5 月 10・11 日に東京で開催された。20 本の作品がフィルムメーカー、役者、スポンサー企業、そして映画好きの人々で試聴された。場所は北沢タウンホール。通称「シモキタ」と呼ばれるトレンディーな町にある。

30 分未満の作品でグランプリを受賞した「From the Sky」の監督、イアン・エブライト氏は受賞に驚きの様子を見せていた。この映画祭に参加するため米国シアトル市から飛行機で飛んで来ての参加だった。15 分未満作品のグランプリを受賞した「Life!」の監督、ラメッシュ・ジャイ氏はアフリカ・ガーナの在住で参加は叶わなかった。観客賞は長尾淳史監督の「Memories Rewound」が受賞した。

11 人の最終候補はクロージングパーティーで表彰された。来客には映画祭創始者で審査員長のマーク・ジョセフ氏、審査員の佐倉寛二郎氏、その他にはスポンサー企業、映画祭ボランティア、フィルムメーカーたちに囲まれての場であった。

ダマー国際映画祭実行委員会一同

2019年4月25日

バリー・クックの参加を楽しみにしていましたが、ご家族の緊急事態により来日を断念せざる得ない結果となりましたことを深くお詫びいたします。また、次回のダマー映画祭での彼の参加を期待しつつ、ご家族の無事を祈ります。

ダマー国際映画祭実行委員会一同

スポンサー