ニュース

2020 年 6 月 1 日

この度の新型コロナウイルス感染により、世界中で多くの方々が亡くなり、ご遺族の皆さまに謹んでお悔やみ申し上げます。また、闘病中の方々の速やかな回復をお祈りさせていただくと共に、命がけで治療に当たっておられる医療関係者の皆様に、 心からの感謝と敬意を表します。

映画業界におきましては、映画館の休館、映画制作や映画祭の延期もしくは中止など、長く厳しい状況が続いております。 ダマー国際映画祭スタッフ一同、新型   コロナ禍の速やかな収束を願い、映画文化を担っておられる皆さまの尊い活動が、新型コロナ問題収束後も継続的になされていくことを心よりお祈り申し上げます。

ダマー国際映画祭実行委員会一同

2019 年 7 月 9 日

2019 年 5 月、ダマー国際映画祭は東京での開催を終え、次回の開催について実行委員会で話し合って参りました。これまで多くの方から「次回を楽しみにしています」との温かいメッセージを頂き一同大変ありがたく思っております。この度、実行委員及び審査員の意向を確認し、2021 年の開催を決定いたしました。じっくり時間をかけて準備し、拡大バージョンを開く所存です。
次回の開催までは、プレ・イベントなどの企画を考案中です。同時に海外との繋がりを更に深め、皆さまの活動の場が広がる一助となれるよう進めて参ります。
今後とも、皆さまの更なるご支援とご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
ダマー国際映画祭実行委員会一同

2019 年 5 月 11 日

ダマー国際映画祭 2019 は今年 5 月 10・11 日に東京で開催された。20 本の作品がフィルムメーカー、役者、スポンサー企業、そして映画好きの人々で試聴された。場所は北沢タウンホール。通称「シモキタ」と呼ばれるトレンディーな町にある。

30 分未満の作品でグランプリを受賞した「From the Sky」の監督、イアン・エブライト氏は受賞に驚きの様子を見せていた。この映画祭に参加するため米国シアトル市から飛行機で飛んで来ての参加だった。15 分未満作品のグランプリを受賞した「Life!」の監督、ラメッシュ・ジャイ氏はアフリカ・ガーナの在住で参加は叶わなかった。観客賞は長尾淳史監督の「Memories Rewound」が受賞した。

11 人の最終候補はクロージングパーティーで表彰された。来客には映画祭創始者で審査員長のマーク・ジョセフ氏、審査員の佐倉寛二郎氏、その他にはスポンサー企業、映画祭ボランティア、フィルムメーカーたちに囲まれての場であった。

ダマー国際映画祭
実行委員会一同

2019 年 4 月 25 日

バリー・クックの参加を楽しみにしていましたが、ご家族の緊急事態により来日を断念せざる得ない結果となりましたことを深くお詫びいたします。また、次回のダマー映画祭での彼の参加を期待しつつ、ご家族の無事を祈ります。

2019 年ダマー国際映画祭実行委員